見出し画像

SKIMEメディア・ディレクターの想い

初めまして。SKIMEメディアの運営ディレクターです。
いきなり誰?と思われるかもしれませんが、Leeさんと一緒にメディアを立ち上げ、監修医師を探し、影から諸々サポートしている者です。

前回の記事で、Leeさんにメディア立ち上げの思いについて書いてもらいました。

この記事を見てくだされば、今後Leeさんがどういう思いで、どんなことをSKIMEの中で発信していくかということはお分かりになると思います。

今回は、SKIMEメディア運営の担当として、どういう背景でこのメディアが誕生したのかSKIMEは誰に向けて情報発信しているのか、そういう部分について、もう少し詳しく話していきたいと思います。最後までお付き合いくださると幸いです。


以下の順番で話していこうと思います。

- メディア立ち上げの背景
- なぜLeeさんを編集長として選んだのか
- SKIMEについて
 1.SKIMEの目標
 2.誰に向けて記事を書いているか


メディア立ち上げの背景

1.日本の医療って凄い。

画像1

皆さんって、日本の医療についてどう思われていますか。絶対的な信頼を置いてませんか。

近年はセカンドオピニオンインフォームドコンセントなどという言葉が当たり前になり、医師と患者が対等な立場で話し、適切な治療を選択していくという考えが浸透してきました。

それまでの日本では医師は絶対的な存在で、自分の主治医の言うことには必ず従うという態度が当たり前でした。今は考え方が徐々に変容してきているとは言え、まだまだ前近代的な考えの人も少なくないといった印象です。

これは日本の医療に関して不安を抱く人が少なく、とりあえず医師の言うことに従っておけば良いという考え方になっているからだと思います。

これはそれだけ日本の医療レベルの高さを皆信じているという裏返しだと思います。日本が長寿国であり続けるのも高度医療のレベルの高さが一因だと思われます。

素晴らしい医療を持った国なのに、どこか日本は医師って遠い存在に感じてしまいます。様々な背景があると思いますが、一番大きな原因は保険診療の充実ではないかと思います。


2.「病気」=「医療」ではなく、「身体」=「医療」

画像2

日本では保険診療制度が非常に発達しています。これのおかげで、多少重い病気をしたとしても、そんなに大金をかけることなく、大抵の病気からは回復できてしまいます。

だからこそ、日本では「病気になったら」医師の所へ診療に行く、という行動が当たり前です。逆に病気でなかったら、保険診療は受けられないからです。

しかし、元はといえば、「医療」って必ずしも「病気」を治すためだけのものではなく、「身体」全体の仕組みを理解し、健康の状態を保たせたり、より良い健康状態にしていくという部分も含まれるはずです。
つまり、「病気」になったから「医療」のお世話になろうではなく、自分の「身体」をより良い健康状態にするために「医療」のお世話になろうという態度をとっても良いのです。

せっかく日本では高度に医療が発達しているのだから、皆がもっと医療を身近に感じ、自分の身体を守っていくという社会にしたいというのが、私の願いです。


3.女性の悩み・コンプレックスは医療で解決できるんじゃないか

画像3

日本の医療をもっと身近にしたいと考えた時、病気より身近な問題ってなんだろうと考えました。もっと身近な悩み・コンプレックスってなんだろうって。

「肌荒れがひどい」「髪をもっとサラサラにしたい」「痩せたい」等、皆が往々にして持っている悩みが頭をよぎりました。こういう悩みって今どういう風に解決されていますか?
大体の悩みやコンプレックスって、ドラッグストアに売っている美容商品やサプリメントなどで解決しようとする人が多いのではないでしょうか。

実際私もそうで、ちょっとくらい肌荒れしても病院に行くことはないし、髪にツヤが欲しいなと思ったところで何科を受診すれば良いのか想像もつきません。

でも、ある時仕事でお世話になっていた医師の方に相談してみると、驚くほど適切で、丁寧な回答が返ってきました。

商品の成分までしっかり見て、「医学的にこの商品はどうだよ」、とか「こういう成分が入ってるものを選ぶと良いよ」、とか「この成分はこういう効能を持っていて、体の中でこういう風に働くよ」という具合です。やっぱりさすが日本の医師だ!と感動したのと同時に、この感動は絶対多くの人に届けるべきだと確信しました。

長くなりましたが、こうして、女性の身体に関する悩みを医療を用いて解決するメディアを立ち上げたいという話になったわけです。


なぜLeeさんを編集長として選んだのか

画像4

このメディアを立ち上げたいとなり、やはり女性の方に編集長になってもらいたいと思って、編集長探しが始まりました。その中で、ある知人の紹介でLeeさんを紹介してもらいました。話してみて、すぐこの人だと確信しました。

今日はその理由をお話させてください。


1.今まで6年間、女性の味方であり続けた。フォロワーを裏切らない人間性

1回目の記事の方にもあった通り、Leeさん自身がダイエットサプリを購入して嫌な思いをした経験もあり、彼女はこれまで自分が信用できないものを紹介したり、自分が使ったことのないものをオススメしたりしたことがありません。

彼女のTwitterアカウントには様々な美容の相談が来ますが、それに対しても真摯に嘘をつかず対応されてきました。

後程お話しするSKIMEがどういうことを発信していくかという部分にも繋がるのですが、こういう真面目で正直な人間性が、まずSKIMEの方向性とぴったり合うなと感じました。


2.世の美の基準に捉われず、自分が好きな自分でいたいという姿勢

画像5

前回の記事でこのようなことを書かせていただきました。

医療で悩みやコンプレックスを解決したとして、その先にあるゴールってなんでしょう?誰かから「美人」だと「評価」されることでしょうか。
人の判断や評価を気にして、自分を変え続ける人生ってとても生きづらくありませんか。

我々SKIME運営者は、読者がそうあることを望んでいません。そうではなく、「皆さんが自分に自信を持てるようになる」ことを望んでいます。

もちろん周りの友人や好きな人から褒められることは大きな励みになると思います。が、もっと重要なことは、自分で自分を「好き!」って思えることだと思います。

メディアを立ち上げる際、こういう想いを持ってやっていきたいと思っていたのですが、この価値観とLeeさんが持っている価値観が100%合致したなと思いました。

彼女の美しさってこういう「内面の強さ」からあふれ出ているものだと思います。自分のことを好きでいられるからこそ、他人の美醜をどういうこう言うこともないし、いつも楽しそうで、周りまで明るくなる。そんな魅力を感じました。


3.フォロワーの反応の質の良さ。Leeさんの人間性に共感した女性多数

画像6

実際にLeeさんのTwitterのコメント等も読ませていただきました。その時に感じたのは、フォロワーさんの共感度の高さです。

世の中でただバズってるコンテンツを見ても、反応は様々で必ずしも共感され、感動を与えてバズっているわけではありません。一方Leeさんのツイートには様々な共感コメント、肯定的な反応がたくさん見られます。

これを見て、「この仲間の多さは武器になる」と思いました。
これからSKIMEでは女性がもっと自分らしく強く生きていくために必要な情報を医学的な知見を交えながら発信していきます。中には男性から理解を得るのが難しいトピックもあるかもしれません。日本では特に海外に比べて遅れている部分もたくさんあります。だからこそ、Leeさんのフォロワーさんの力が必要だと思いました。

おざなりな言葉ですが、一人の力は微々たるものです。でもLeeさんにはたくさんの仲間がいます。フォロワーさんも一体になって、良い情報を発信していく、そんな素敵なメディアがLeeさんとなら作れる。そう感じました。


SKIMEについて

1.SKIMEの目標

画像7

何度かもうこの記事の中でも出てきましたが、SKIMEの目標は「自分に自信を持つ」女性を一人でも増やすことです。

インターネット、SNSが発達したこの時代、どこを見てもキラキラした人の発言や写真・動画を目にするようになり、「自分に自信を持つ」ってそんなに簡単ではなくなったように感じます。

「自分に自信を持つ」のに大切なことは、まず自分の身体のことをよく知り、良さを最大限に生かすことです。

様々な人が様々な特徴を持っていて、それぞれが本当は良さを持っていると思います。でも、それを最大限に生かす方法を知るのって凄く難しいですよね。それは、皆一様な「美」を目指しているからではないでしょうか。

自分には無理な「美」を目指し、自分に合っていない方法を試しては失敗して。そんな生き方はやめて、ちゃんと自分の良さを生かした「美」を意識して、自分に適切な方法でそれを目指していく。

そんな人生の方が、ずっと生きていて楽しいし幸せだと思います。

だから、皆さんには「どんな自分でありたいか」をしっかり考えてほしいです。この部分は自分自身で考えるしかありません。SKIMEは医学的知見を背景にし、様々な人の特徴を踏まえたうえで、どうやってその目標とする自分になるかという部分を手助けしていきたいと考えています。


2.誰に向けて記事を書いているか

画像8

SKIMEでは、まだ自分に自信を持ち切れていない、そんな女性に向けて情報を発信していきます。

内容は、美容やダイエットというよくある悩みやコンプレックスから、生理などの女性ならではの身体のことを医学的知見を交えて、より強くしなやかに、皆さんが自信を持って生きていくことができるような内容にしていこうと考えています。

前述の通り、読者の方のサポート・日々の行動が社会を変えていくと思っているので、皆さんと一体となって素敵なメディアにしていきたいと考えています。

どんな記事を書いて欲しいか、どんなことを医師の方に聞いてみたいかなど、皆さんからの意見もどんどん採用しながら運営していきたいと思っていますので、記事へのコメント、公式Twitterへのリプなど、どんな場所でもいいので皆さんの思いを書いてくださると大変うれしいです。


最後に

長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。まだまだ話したいことはいっぱいありますが、ここで終わりたいと思います。「SKIME」という名前や、ロゴ・サムネイルなど、この価値観や想いを全て具体化してくださったのはLeeさんです。これからもディレクターと編集者、心を込めて運営頑張っていきますので、どうか応援よろしくお願いいたします。これからの記事楽しみにしていてください。

SKIMEディレクター「t」より

更新情報などは公式Twitterにてお知らせしています。ぜひフォローお願いします。こちらからリンクを開いていただいて、フォローを押すだけで完了です。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
6
SNSを通して六年間、計数千人の女性の悩みを聞き続けてきたLeeが編集長を務める、女性のコンプレックスをプロの専門医と解決するメディアです。 医療エビデンスを元に「女性視点で悩みの具体的な解決方法」を分かりやすく解説します。 “あなたの本当の物語が始まる”
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。